英会話ができない日本人は、国際企業で採用されにくいって本当?

今、世界の企業を考えた時、日本人とアジアの諸外国人と、どちらを採用したかと考えたら、アジアの諸外国人の方がいいと回答をする大企業は、非常に多いそうです。なぜなら、アジアの諸外国人の方が、日本人よりも技術力的には劣るかもしれないけれど、英会話ができるからです。技術力は、会社に入ってからでも教えていくことはできますが、言葉が通じないと、コミュニケーションをとることが難しくなります。そうなると、どうしても会社の戦力としては使いにくくなるのです。
中国、韓国をはじめ、アジア諸外国では、母国語ではないにもかかわらず英会話ができる方は少なくありません。他のアジア諸国も同様です。日本ほど、英会話が遅れている国はないのでしょうか。せっかくの技術力があっても、これでは役に立たせることができませんよね。英会話ができないということは、想像以上に弊害が大きいのです。
サラリーマンになってからでも遅くないので、オンライン等を利用して英会話を学ぶよう、お勧めしたいです。

Leave a comment