英語教育でもたらされている、ある程度の英語理解

英語教育はそのうち役立つ場面が出てくる可能性があります。それはとくに英語圏ではない外国でも通用するのがメリットです。単一の国でしか使われていない、ほとんど話題に出てこないような外国語は、本当に聞いてもまったく理解できません。そういった外国語でも英語バージョン、英語への翻訳がなされるから、英語を理解していればその意味がわかってきます。

もっとも日本人でビジネス英語を学んでほとんど理解するには学校の英語教育だけでは足りませんが、英会話ではなくて英語の単語だけを発音したときや、英語の文章として表記したときにはある程度なるほどとわかる部分があります。

もはや日本では英語がある程度は通用するようになってきていて、どこにでも英語も書いてあることが増えました。英語圏やそれ以外の外国人にとっては、わかりにくいとされている日本語であるから、英語表記も書いてあることでかなり言語がわかりやすくなっているのではないでしょうか。

英会話は話せる様になったら、きっと世界が広く感じると思いますし、とても便利だと思います。英語が話せれば海外旅行へ行っても困る事はありませんし、外国人の友人を作る事も可能です。しかし、語学を習得するのはそう簡単ではありません。英語が話せる様になる為には様々な方法がありますが、その中でも最も手っ取り早いのが語学留学する事です。しかしここでは1つポイントがあります。それは、留学先は必ず英語圏の国で、しかも周りに自分を助けてくれる日本人がいないという環境が大前提です。なぜかと言いますと、人間は楽な道へ逃げるのが得意だからです。つまり、いくら英語圏の国へ留学しても、日本人とばかりつるんでいたり、困ったときに助けてもらったりしていると、英語は何年学んでも上達しないのです。自分を厳しい状況にあえて置いてこそ、英会話は話せる様になるのです。また、日本国内で英会話が話せる様になる為には、英会話学校へ通う事、そして英語が話せる様になりたいという強いモチベーションと、努力が大切です。

 

Leave a comment